113

先週は毎日家に着くのが24時前で、結構きつかった。

その反動か、土日はやることをやったらあとはずーーっとボーーーッとしてた。ネットしたり、寝たり、音楽聴いて窓を見るだけ。

最近、休日でも遊びに行くので忙しかったから こんな行為がたまらなくありがたく思えた。大学の時は毎日してたけど。。笑

平日だと忙しくて家でご飯作れなくなってしまったから、つとめてお昼をお家で作って食べた。

贅沢な時間の使い方だ!!

ずいぶん日が長くなった。このままスムーズに春になると 新年度になってまた一つ大人になってしまう。吐き気する。


今日、大切な出会いをした。

いまさらミニオンにハマった。

すっごい可愛い。


2月の北海道

今回の帰省では、

初めて自分で自分の飛行機代を払った。

初めて空港に誰も迎えに来ず、バスで街へ出た。

初めて1泊2日という極めて短い滞在だった。

初めて実家でご飯を食べなかった。

初めて同行者がいた。

おまけ・初めて新千歳空港に行った。


そして2月の北海道にいるのは実に7年ぶりだった。上京する前。

7年で事態が変わりすぎてるだろ。

苗字も変わりそうな勢い。

さっぽろ雪祭りに行くのは20年ぶりくらい。

くっそ寒いのだけは変わってなかった。

きっとこれは50年後もそう思うだろう(生きてたら)。


お金がなくて、お風呂上がりに体にぬるものを昔使ってた398円のやつにした。

そしたら19歳の春の匂いがして怖くなった。最近 夏目漱石三四郎を読んでいて これもまた19歳の私のことを書いてるのかな?っていう恐ろしすぎる田舎もん上京ばなし。


いくらなんでも過去にとらわれすぎている!19歳がなんだ。この調子で年をとると思い出に押しつぶされて死ぬわ。もう2018年ですでにその兆しがある。年齢とか年月、そういう数字に異常な執着を示すのっていかにも病気っぽくて嫌になるけどやめられない。


お酒を飲んでいると思い出がバグるから好きだ。脳細胞が死んでいるのがわかるし、ストレートな道を辿って感傷に行きつけない愚かさが逆にすごい助かる。

しらふでいると考えすぎる。

でもお酒を飲みすぎるのもそろそろダメだな。人に迷惑をかけたり悲しませたりするクソみたいな人間になるから。

じゃあどうしたらいいんだろう。っていうのが2018年の大きな課題だと思います。

112

・今日嬉しかったこと

クラッシュって最高だ〜

ほんとにいいバンドだ。

満員電車のいいところは音楽じっくりきけること笑


・今日思ったこと

仕事すごい嫌なんだけど何が嫌かもわからない。勤務時間とかじゃないんだよね。体制自体への疑念やばくなってそっちに頭持ってかれる。大人みんな死んでほしい。心折れそう


・今日の反省点

反省はない。全員殺して私も死にたい気分


111

・今日嬉しかったこと
生理でなんか落ち込んでたけど、焼肉食べたら治ったよーん。

・今日思ったこと
お医者さんに、眠くなくなる薬は覚醒剤しかありませんと言われたけどさ、そんな元も子もないこと言うなよ。と思いました。

・今日の反省点
先週に引き続き勉強の習慣を忘れたくないんだけど…してない!!

110

・今日嬉しかったこと

新しい現場が決まった。久々の都会。

都下にいると何となくの疎外感がすごかったので良かった。

ずっと探してた寝る時用のもこもこの靴下が見つかった。昨日足が冷えて眠れなかったからこれであんしん。


・今日思ったこと

名刺交換できなくてやったこと無くて…わかんないっす!エヘって感じだったのにそこに現場が決まるとは、、人がよっぽど足りなかったか 採用担当が脳キチガイによっぽど理解があるかのどちらかだろう。どちらも最悪だ。

仕事中の居眠りは相変わらず治らない。新しい現場にこれを引きずりたく無いのだがなにをしていいかもわからない。打つ手は打った気がする。あと睡眠の病院に行く金がない。最近これが地味にきていて というか20年間ずっとこれで嫌な思いしたけど…割と蓄積があり 死んでしまいたくなる。


・今日の反省点

東京のクセにマイナスの気温が続いて寒すぎるのにナメて手袋もしてなかった。あったかくしよう。


帰省

私は地元で生きていきたいと思わなかったから上京してきた。

でも、帰るたびに妙な発展をしていく街中、(ここだけは完璧に東京を凌駕する)家の窓から見える広い夕焼け、年をとっていく家族と友達や近所の人、絶対に裏切らない飼い犬、見ないうちに全部が変化してしまうのが怖くて 出ていくのが罪深いことに思えてきてしまう。

言い方は悪いけど、単なるノスタルジーやセンチメンタルだけではなくて お葬式を途中でばっくれたような後味の悪さもそこにはある。

この感情を地元愛として一括りにしていいものかは疑問だ。私はかなりひねくれた考え方で自分が18歳まで過ごした場所を処理しているのかもしれない。


東京に着いてからは、とりあえず普通にすごしてる。普通に過ごすことの大変さを噛み締めながら毎日いちおう顔洗ってる自分を褒めてる…




肩と排水溝

今日は仕事納めだったので、ふんぱつしてマッサージに行った。(肩凝りを)ずいぶん溜めましたね〜って言われたけど風俗かよって思った。でも憑き物が落ちたみたいにスッキリして、どうして今まで行かなかったんだろう〜ってくらい良かったよ。これから定期的に通おうと思う。


家全体の大掃除はめんどくさいから諦めたけど、キッチンの排水溝を掃除した。これわたし掃除しなくていいタイプ?退去するまでほっとくタイプのやばい汚れだよね?っていうグロテスクなぐちゃぐちゃの汚れもスポンジでこすってみたら落ちた。排水溝をたまーに狂ったように掃除することがあるんだけど、もはや怖いもの見たさでやってる。小学生の時、帰り道で猫の死骸見た時と同じような感情になる。


明日からなんと11日連休だ!この連休が終わった時に果たしてわたしは社会に復帰できるのだろうか?というのが不安だけど、何だかんだサボりつつも働いていくと思います。この前仕事サボって1人で海に行ったらめちゃくちゃ癒されたので、そんくらいの頑張り度で良ければ。