ロックスターの彼女

最近ロックスターの彼女について考えてる。

パティボイド(ジョージハリスンとエリッククラプトンの女)  →かわいい

マリアンヌフェイスフル(ミックジャガーの女) →かわいい

はぁ〜めちゃくちゃ可愛い!!

でも顔が可愛いだけじゃなくて、◯◯の彼女っていう肩書きがいつでも付いて回り、恋人のせいで破滅していく筋書きを背負っているふたり。あの頃ペニーレインと っていうグルーピーの映画がめっちゃ好きなんだけど、それも似たような感じだ。

察するに、たぶん昔はロックスターの彼女ってのは死ぬほど楽しくて、ステータスがあり、尚且つ危険なご職業だったのだろう。

そんで、これは60年代とか70年代の話だけど。

周りを見渡すとジェンダーフリーが叫ばれている今でも、女の子の人生は男に振り回されている。公式な恋愛や非公式な恋愛、何にせよ男を軸にして私たちの地球がまわっている気がする。それも多くの女の子にとって、自分だけの1人というのはロックスターでも何でもない一般人だ。

私は私の好きな女の子みんなに幸せになってほしいし、自信満々な女の子でいてほしいから、ロックスターでもない人に翻弄されて消耗し、泣いたりはしないでほしい。ロックスターの彼女だったら、泣いたりわめいたり、睡眠薬たくさん飲んだりしても それっぽいから全然いいんだけどね。

109

このブログをはじめてから1年経ったみたい。友達に影響されてなんとなくはじめたけど1年はあっという間だ。

ここに書いてあること全部まとめると、退屈な生活から衝動的に逃げたくなるか 退屈だけど平和な生活に愛しさを感じているか の繰り返し。

それを手を替え品を替えここに書き続けて親(あとたまに見てる友達とか)に見てもらうのってすごく非生産的で親不孝だし 泣けてくるけど、まあ、生きてることの証にはなるよね??ってことで…次の段落に続く


金土日、お母さんと弟と会って思ったのは2人から出てくるいろんな思い出話の中にいる当時の私に全く当事者意識がわかないってこと。

みんないろんな事をよく覚えていて、楽しくお話ししてくれて、とても楽しかったけど この私はどの私だろう?ってのがたくさんあった。

東京で出会った人間は6年間ぽっちの私しか知らなくて、まだ6年くらいなら思い出を自身で管理していくことはできるけど、家族が知っている私は25年分もあるから管理しきれない。

しかしそれについて嫌な気持ちは無く、逆にすごく素敵なことだと思った。何故なら、私は私のことをずーっと変わらない退屈な人間だと考えていたのに、25年分のダイジェストを聞いてるとまー、それこれに比べりゃ成長してるやんけ。ってニヤけて。これからもちょっとずつちょっとずつ大きくなりたいし なれるかもしんないなぁ、何せちょっとずつなら。って希望的観測が持てるから。

ひとつひとつの家族には狭くて深い歴史がある!そのうち私も適当に家族を作って地味だけどまあまあ面白い歴史を作る。それからでも死ぬのは遅くないと思いました。

108

最近日記書いてなかった。

自分の手帳の方も書いてない。

昔からなにか記録を残したがるのが私の癖だが、忘れっぽいからそうでもしないと全部覚えてないからなんだよね。

まさに最近そうで生きた気がしない。何したのか覚えてない。

それでも日々は過ぎていき、もう年末かよ。

あと来週25歳になる。こんな25歳いていいのかと思うほど割と子供っぽい楽しみとか趣味を抱えて生きてる。16歳くらいから嗜好が変わってない気がする。この前友達と2人で飲んでて、自分だけ心が小学生のまんまで置いていかれそうな気がするって嘆いてしまった。

でも、身体に無理がきかなくなってきて胃もたれと胸焼け辛いし、なぜか顎とほっぺが乾燥してるし、きっちりおばさんになってくんだなあ。周りの人もそれだけ年取ってくしねえ。

とりあえず今週末はお母さんに会うので、その日の日記はちゃんと書こうと思うし、北海道へのチケットも取ったのでメリハリを持って年末までがんばろー。


107

・今日嬉しかったこ

夜中の3時まで飲んでたから今日でいいよね?最近で1番楽しかった。久しぶりに心から笑ったし、久しぶりに帰りたくないって思ったな。二日酔いも思ったよりなかった。


・今日思ったこ

上司の話し方が嫌だ。まず否定から入る人ってすごく不愉快な印象与えるって気づかないのかな?言い方変えるだけでだいぶ受け取り方違うのにな。


・今日の反省点

なんか最近残業もう仕方ないわってなって必要以上にダラダラ仕事してしまっている気がする。

106

ストレス解消として人は何をするのだろう?

私は酒を飲む。

化粧品を買う。

大盛りのラーメンを食べる。

会社をサボる。

くそやわ、腹いてえ、さみー、とりあえず生きよう!

105

家族とか犬が死んだらって思うと怖くて眠れなくなる。25歳になるのに高校生並みの貯金しか無いとか、自分は将来どうなるかとか、今後誰を裏切り裏切られるかとか、自分の抱えてる心配事についてはうまいもん食って酒飲んでたら忘れるんだけどなぁ…。ばかだなぁ。自分を大切にできないのに人のことを大切に思う資格とかあんのかな。

とりあえず眠れなくて朝が来てしまった。ばかだなぁ。土曜日は通っていた大学のあった街にラーメン食べに行く。もう遠くなって自転車で行けないことに時の流れを感じていやだ。日曜日は横浜にジャズを聴きに行く。(無料)私のようなハマりやすく飽きやすい人間が熱心にずーっと好きなものってロックしかないと思ってるんだけど、ジャズはわかんないままだったな。でも楽しみだな。月曜日は試験の勉強します。(はじめて勉強する)

来週の資格試験を受ける場所が7年前にお母さんと見に行った例の大学であることに因果を感じる。。夢いっぱいで東京を見学したのち、しょーもない大人になって落ちる試験をうけにいく。むな©️な!

104

上の都合で、毎日仕事がなくても無理に見つけて残業しろと言われたこと。これが普通なんだったら定時退社時間っていう決まりごとはなんなんだ?定時を21時にすればいいじゃないか。決まりごとの上に暗黙の決まりごとを重ねることが普通なんだったらそれこそ普通の意味を疑ってしまうし、効率的でないことやルールに沿わないこと、それによって自分を消耗させることを普通って言い切る謎のマゾ集団とは関わり合いになりたくない。自分が残業してる現状よりも、それをなあなあで許してる周囲の環境と価値観が気持ちわるい。