untitled

恐怖心と意地だけが お前と僕を繋いでるのなら

多分罪深さで僕は動けなくなってしまうから

あすみのブログを参考にした笑 

初恋の嵐のuntitledって歌、曲から入って歌詞を読んでみたらめちゃめちゃに心を動かされた。

軽い気持ちで誰かにしたこと、続けてきた関係が時間とともに大きな意味を持って、精神的な重荷になってしまうこと。相手を一気につき離すこともできないという無意味な優しさが捨てられなくて、もう神様に祈るくらいの勢いで、この人私のこと突然嫌いになってくれないかな?って願う愚かしさ。自分のしたことは、いつだって赦されたい。悪くないよ、仕方ないよって嘘でもいいから言ってほしい。よく考えたら誰に?って感じなんだけど。実は1番相手を傷つけてるんだよね、その間に。自分が知らないうちに。対恋人にも、友人にも、家族にも、全てに当てはまるような普遍的な歌詞だと思う。

この話に関連して、最近懐かしい手紙がでてきた。それを読んだら頭にパンチを食らった。3年前の私は働き始めたり辞めたりフラれたり荒れたり働き始めたり色々あった中で、所詮自分は自分でひとはひとっていうことを周りにも自らにも言い聞かせていた。それを彼女は誰よりも早く見抜いていたし、そんな私をずっと隣で見ていた彼女は、それでも自分は人と人とのつながりを信じたいし、私を愛していると書いていた。私が彼女にしてやれたことはなんにもないのに、一緒に居られるだけで幸せと書いてあった。

その後の自分といえば全くその思いに報いることができなかったし、むしろそれに唾を吐くようなことをした。

酔ったら、今でも気がつくとこの話をしてしまう時がある。こんなことをここに書いても、酒を飲んでぼやいても何も変わらないけど、きっと私は赦しがほしいんだろうな。痛い目にあわず、のうのうと生きて、幸せです。ちゃんとした人間です。っていう笑える程下らない尺度の社会的地位を手に入れてもなお、赦されたいなと願うのは傲慢だし醜悪だ。

でも、自分の気持ちに嘘はつけないし、つきたくない。私が彼女に言ったこと、今それを後悔していること。そして、untitledを聞いて彼女や私が今まで傷つけてきたであろう人々を思い出したこと。どれもどこにも放っていかないで、心の中に持っておこう。