ゴジラ

昭和ゴジラシリーズにハマってて、家で暇さえあれば見ている。まあ途中で寝たりしてるけど。。とりあえずじっくりではないけど、ひたすら見てる。

ゴジラめっちゃ可愛い。というか昭和の映画ってみんなどこかのんきで間抜けな感じがして可愛い。

 

当時の風俗がうかがい知れるのもすごく楽しい。破壊されていく昔の東京に謎の郷愁をおぼえる。そこに私も私の家族も生きてないのにおかしいとは思う。

話ずれるけど、直接的な思い出に起因しないとしたら懐かしさってどういうプログラムなんだろう?なぜオトナ帝国やAlways三丁目の夕日がウケたのか?あと、半兵衛の作る昭和レトロって客層とは全くズレたものになってるよね?

 

今のところ一番面白かったのは初代。

まさにベスト・クラシックだった。ビートルズ初めて聴いた時と同じ感情になった。

次にヘドラ

ヘドラは特撮にサイケデリック/トリップ感覚を持ち込んだという点でゴジラだけでなく邦画史としてもかなり異質なのでは?あれをリアルタイムで見た当時の子供達はどう反応したんだろう。

昭和を制覇したら、平成ゴジラも見たい。

 

余談、年号(時代)が変わるたびに悲観的かつ現実的な思考が台頭してきてる気がする。ふと考えたけど、令和に生まれた子供達はゴジラを見て手放しに喜んでくれるかな?